「労働契約法」の制定を提起/厚労省研究会の最終報告
2005.9.15
「今後の労働契約法制の在り方に関する研究会」の報告書を発表した。労使の当事者が実質的に対等な立場で自主的に労働条件を決定することを促進し、紛争の未然防止を図るため、労働契約に関する公正で透明なルールを定める「労働契約法」の制定を提起。その内容として「労働条件の決定に多様な労働者の意思を反映させる常設的な労使委員会制度の整備」や「解雇の金銭解決制度の導入の検討」などをあげた。
−労働政策研究・研修機構(JILPT)  http://www.jil.go.jp/ −メールマガジンより
厚生労働省発表 2005.9.15