■最近の「企業の喫煙対策」

厚生労働省の調査で、最近の企業の「喫煙対策」の状況が明らかとなりました。この調査は2007.10.3114,000事業所を対象に行われたものですが、調査結果によると、

☆喫煙対策に取り組んでいる事業所は 75.5%(全体の4分の3)であり、
☆中でも「喫煙対策」の取組みとして多かったのが、

(1)
喫煙コーナーを設けそれ以外は禁煙に (50.2%)
(2)
喫煙室を設けそれ以外は禁煙に (37.0%)
(3)
会議、研修等の場所を禁煙に (32.5%)
(4)
事業所全体を禁煙にしている (24.4%)
(5)
喫煙室又は喫煙コーナーにたばこの煙を除去する装置 (11.3%)
などでした。

なお、4番の「事業所全体を禁煙にする」、全体禁煙を行なっている割合の高い業種は、次のとおりです。
⇒ 医療,福祉52.2%、教育学習支援業48.6%、卸小売業26.6%、情報通信業26.6%、その他のサービス業26.0
⇒この調査の詳細は、以下のURLで確認することができます。
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/anzen/kenkou07/index.html


■ グローバル化を進める上での最重要課題は「人材」

 (社)日本能率協会の2008年「企業の経営課題調査」によると、経営のグローバル化を進める上での最重要課題に「人材」の問題をあげる企業が多いことが明らかになりました。
 同調査結果によると、
 経営のグローバル化を進める上での課題として、
☆「海外要員、赴任者の育成」(45.5%)
☆「グローバルに通用する経営幹部の育成」(33.4%)
☆「グローバルな人材マネジメント体制の構築」(26.6%)
といった「人材」に関する課題への回答が上位を占めています。

調査は対象5,000社、有効回答数860、有効回答率17.2%。2008.6-7月に実施されました。詳細は下記URLを参照してください。
⇒ http://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=29

労務安全情報センター
労働・SPOT情報&ニュース より
URL
  http://labor.tank.jp/