改正雇用保険法が成立/保険料率引き下げなど

   保険料率の見直しなどを盛り込んだ改正雇用保険法が19日の衆院本会議
  で可決、成立した。これを受け、厚生労働省は同日、「労働保険の保険料
  の徴収等に関する法律」の規定に基づき雇用保険料率を変更する告示案要
  綱を労働政策審議会に諮問し、「妥当と認める」との答申を得た。労使折
  半で1.6%としている失業等給付のための保険料率を、07年度から1.2%
  に引き下げるもので、4月1日に遡って適用される。
  (参議院「議案審議状況」)
    http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/gian/16603166022.htm
  (参議院厚生労働委員会附帯決議)
    http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/ketsugi/166/f069_041001.pdf
  (厚労省「雇用保険法等の一部を改正する法律案について」)
    http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/02/h0209-1.html
  (厚労省「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保
  険率を変更する告示案要綱」についての労働政策審議会に対する諮問及び
  答申について)
    http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/04/h0419-2.html


−HOME− -最新ニュース−