NEWS 事務所案内 アクセス プロフィール 著書案内 助 成 金 サイト管理者 サイトマップ
法令トピックス 業務 内容 報 酬 額 年金特集 HOME  免責事項 個人情報保護 会員専用



社会保険労務士事務所
東京労務総合事務所

〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-1
東 京 労 務 総 合 事 務 所

TEL03-5275-2801 FAX03-5275-2851  

社会保険労務士の必要性 otoiawase

労 働 保 険 事 務 組 合 と は
社会保険労務士 千代田区
 

 労 働 保 険 事 務 組 合 と は
中小事業主の委託を受けて、事業主の行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣から認可を受けた中小事業主等の団体です。東京都内で開業している社会保険労務士、約700名で構成されています。  
 事 務 委 託 をす る と事業主には 次 のメリット が あ り ま す
中小事業主も労災保険に特別加入できますできます。本来、労災保険に加入することができない「事業主や役員、同居の親族、家族従事者など」も従業員と同じ労災保険に中小事業主として特別加入できます。 (労働者を使用していない建設事業主は一人親方の特別加入があります。)
概算保険料の額にかかわらず3回に分割納付できます。たとえ1万円の概算保険料でも分割納付できます。(委託しない会社の場合は、概算保険料が40万円以上ないと分割納付はできません)
労働保険についての申請、届出、報告に関する事務、雇用保険の被保険者資格得喪事務、離職証明書など雇用保険事務を事業主に代わって処理しますので事務の手間が省けます。
なお、印紙保険料に関する事務並びに労災保険および雇用保険の保険給付関する請求等の事務、雇用三事業における助成金・給付金の申請は、労働保険事務組合が行うことができません。
労 働 保 険 事 務 組 合 へ の 委 託 手 続 は
労働保険事務組合に労働保険の事務処理を委託するには、まず東京SR経営労務センターの会員社会保険労務士を通じて「労働保険事務委託書」を労働保険事務組合である東京SR経営労務センターに提出します。
東京労務総合事務所では、東京都の社会保険労務士約700名で構成する労働保険事務組合、「東京SR経営労務センター」を通じて事務処理を行います。当事務所との委託(顧問)契約が前提です。
委 託 で き る 中 小 事 業 主の範囲は
常時使用する労働者数が300人(金融・保険・不動産・小売業にあっては50人、卸売の事業、サービス業にあたっては100人)以下の中小事業主です。
 委 託 す る 場 合 の 会 費 ・ 委 託 手 数 料・顧問報酬は
※労働保険事務組合「東京SR経営労務センター」は社会保険労務士を通してのみ委託できるシステムになっています。
※当事務所との委託(顧問)契約を締結した上での東京SR経営労務センターへ支払う年会費・入会金は以下のとおりです。
事業の種類 年会費(12月分) 入会金(1回限り)
一般事業(一元適用) 18,000円 10,000円
建 設 業(二元適用) 26,400円 10,000円
一般的な労災保険と雇用保険の諸手続のみの場合には上記年会費・入会金のほか、人数に応じて、当事務所への社会保険労務士報酬(年間63,000〜)も必要となります。詳細はおたずねください。

HOME  事業開始の手続き 委託(顧問)報酬額 サイトマップ