■社会保険労務士の必要性■

●事務処理の円滑化
総務事務を担当していた社員が急に退職して、代わりの者が処理する時間がなく困っている。
届出・申請書類の準備や書き方がよく分からず、結果的に処理時間が長くなり困っている。
社会保険労務士は、こういう会社のためにあります。会社は一切任せて、営業に専念して下さい。
社員一人一人の社会保険関係のデ−タ-を責任を持って管理し、事務処理を円滑に進めます。
●就業規則等の作成、変更
常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出なければなりません。(労基法第89条)例え10人未満であっても就業規則が有用な場合が生じてきます。
就業規則とは、会社の法律です。
社会保険労務士は、会社、社員に合わせたより良い就業規則を作成するお手伝いをいたします。 また、労基法をはじめ、様々な法律が頻繁に改正されます。その改正に合わせ、就業規則も変更しなければなりません。
法律の改正点をお知らせし、就業規則変更のアドバイスも致します。
●労務管理
労務管理とは、従業員を雇ってから退職するまでの一連の管理すべてをいいます。
「こういう従業員を雇いたいんだが?」
「賃金を見直したいのだが?」
「配置転換を考えているのだが?」
「こういう従業員に困っているのだが?」など・・・・
様々な労務管理上の問題について、法律的観点も交えてアドバイス致します。

 −サイトマップ−

最新ニュース 事務所案内 アクセス プロフィール 著書案内 助 成 金 サイト管理者 リンク
業務 内容 年金特集 免責事項 報 酬 額 人材募集 労災特別加入 個人情報保護 会員専用

-HOME−